2018年9月15日土曜日

2018年9月現在のPSO2関連騒動

前回記事:
2018年1月現在のPSO2関連騒動
2018年4月現在のPSO2関連改良点

今回はどちらかと言うとPSO2外の話、動画サイト・ブログ・Twitter等におけるPSO2の話題です。
複数方面の意見をそれなりに繋げて書いてみたんで感想やここ違う等あればコメントちょうだい^q^

セガサミーHD、第1四半期のデジタルゲーム分野は営業損失4億円と赤字転落 MAUは倍増の688万人に | Social Game Info
EP5中盤はビジネス上失敗となり、
かつてゴールデンタイム時によく見たサーバー混雑表示を見れなくなるほどユーザーが減りました。
(個人的に幻惑の森まるぐるは楽しかったが)

現ユーザーは、現環境に満足しているか、一部昔ながらの(´・ω・`)らんらん勢、辺りで、
既に不満を持つ層はほとんど辞めた模様。
恐らくこれ以上ユーザーが減る事は無いでしょう。

そんな訳で以前からゲーム外では、辞めたユーザー達の不満が多いのですが、
彼らは内情を知った上で未解決問題に対して批判しています。


しかし今年から一部に恐ろしい第2勢力を見かけるようになりました
PSO2の未解決問題やゲーム内トラブルに関する批判ではなく、
運営開発者(酒井P・木村D)やPSO2自体を叩く目的と取れる発言をする勢力です。
(もちろん運営者の明らかな不信発言もありましたが)

これに関連する最初の騒動としては、
情報処理装置及びプログラム 特許6237947 | 知財ポータル「IP Force」
昔からのジョークだった「当たりID」等の証拠ではないかと疑われましたが、
諸説ありますが、関係がないようです。騒ぎのネタとなってしまった模様。
解説はSEGAが取得している某特許について | Mad Laboratoryが詳しいです。

この特許騒動をきっかけに、現ユーザーの一部が、運営批判を叩く人を見かけるようになりました。
しかし第2勢力に的を絞らず、多くの不満に対して叩く人も居て、
そういった人に対して、過去何年もPSO2を経験した古参ユーザーからも突っ込まれてしまいます。

話題になった例。
後の追加ツイートで本意が分かりますが、
「詳しい情報取ってから批判しろ。」が一番伝えたかった事だそうです。

第2勢力に物申すなら、その行い自体に突っ込みを入れましょう。

さらには運営批判自体を叩く目的と取れる発言をする勢力も見かけるようになりました。
泥沼化しなければ良いが_(:3 」∠ )_


そして批判をするなら、未解決問題の原点に立ち話題にしていきましょう。

例えば、2年前から続くエキスパ問題は未だに解決していません。
当時から、条件が厳しくしないと様々な要因で問題が起きると予見して話してる人が居て、
自分も運営に要望を送ってきましたが、事の重大さに気づかれないまま今に至ります。



話題になった動画の例。


批判や叩き方を間違えれば目も当てられない状況になりますよ~^q^
今年は動画サイト・ブログ・Twitter等における、
PSO2の話題はノイズが多いでしょうけど、乗り切っていきたいですね。

ユーザー間の不毛な言い争いなんかよりも、
PSO2内に残る未解決問題が早期解決する事を切に願います。

0 件のコメント:

コメントを投稿