2021年1月22日金曜日

NVIDIAがマウスの遅延軽減を先導

自分自身10年以上前からUSBはラグいと確信していて(未だPS/2用にMX518を2個持っています)、
改善の余地があるというのは理解出来ます。

半年前にMicrosoftの「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」や、
秋にNVIDIAの「Reflex」が公開されるなど、
10年以上進展が無いに等しかった遅延対策にやっと各社乗り出した、
流れの内の1つが、今回の「NVIDIA Reflex互換マウス」です。

あまりにも長い間放置された問題だったので、去年まで意味不明な偏見に晒される事もありました。

現代コンピューターゲームの遅延は複合的で、それぞれ詰めていく必要があります。

同時にReflex Latency Analyzerという、モニタやマウスの遅延測定機能も発表。

これまでの測定は、ハイスピードカメラや、専用に細工した入力機器、等が必要で、
セッティングに手間がかかりましたが、今後はより手軽に測定出来るようになります。

なので測定出来る以上は、オカルトではない事は確かなのですが、

以前SONYがノイズ軽減を施したSDカードを「高音質SDカード」として販売していましたが、
名前の胡散臭さもありレビュー大荒れした後に生産終了してしまいました。
(これに関しては実際、製品発表時のグラフに数値が無いといった不審点があった)

コンピューターゲームの遅延対策も同じような目に会ってしまうんじゃないかと心配であります。
ぜひ宣伝方法には気を付けてもらいたいですね。

使いもせずに想像で批判する人の対応はまあまあ面倒ですので。
(100Hz超えディスプレイに対する昔の間違った評価がそうだった様に)

2021年1月9日土曜日

ロボット確認に扮したスパムサイト watch-video.net

実は通知の許可を求めている

許可を押すとスパム定番の文言がやってきます

ブラウザの設定で不要な通知サイトを削除またはブロックしましょう

2020年12月24日木曜日

エターナルロナー取れました

ここに至るまでの険しい道のりヾ(:3ノシヾ)ノシ

2020年10月24日土曜日

モニタによりWin10設定のHzが一見変だが実は本来の値だ

Windows10 20H2から「設定」の「ディスプレイの詳細設定」で
リフレッシュレート(Hz)を設定出来るようになりました(今更w)

モニタによってはこうなります (今回はBenQ ZOWIE XL2546)

あれ変!?って思う人も居るかもしれませんが何も変わっていません
Windows10をアプデする前から元々この値だったのです
(小数点4桁目以降も続いていますがその辺の話は下記で紹介します)


Windows98から今までUIの変化がほぼ無かった従来の「アダプターのプロパティ」は

NVIDIAコントロールパネルの「解像度の変更」上は



となっているのですが
実は小数点を省略していて

「ディスプレイの詳細設定」が
小数点を含む本来の値なのです


ゲーム(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)のディスプレイ設定を見てみると

本来の値が表示されているのが分かります


これはテレビ規格NTSCの互換で1000/1001になっているようです
動画を扱った事がある人は29.97fpsや59.94fpsのような数字を目にした事があるかもしれません
30 ÷ 1.001 = 29.9700299700299700299700299700...
60 ÷ 1.001 = 59.9400599400599400599400599400...
120 ÷ 1.001 = 119.880119880119880119880119880...
144 ÷ 1.001 = 143.856143856143856143856143856...
240 ÷ 1.001 = 239.760239760239760239760239760...

今はテレビ視聴などの映像キャプチャをする用事が無いので
NVIDIAコントロールパネルの「カスタム解像度」でリフレッシュレートの小数点を整えます

「ディスプレイの詳細設定」の値が「カスタム解像度」で設定した通りになりました

ゲームのディスプレイ設定の値も同じく「カスタム解像度」で設定した通りになりました

2020年9月26日土曜日

PSO2報酬期間(2020/09/23~)で作った物

これまで貯めたメセタや素材を全放出^q^

クラースのリアは実装初週に作っちゃったので残りの2部位分! レシピ
なお最終的に8sにする移植パスが足りません/(^o^)\

侵食核付き絶対殺すソード!
レシピ


2020年8月30日日曜日

2020年8月現在のPSO2

前回記事:
2018年 1月 4月 9月 12月
2019年 1月 3月 4月 8月 9月 10月 11月

現(もうすぐ旧)PSO2のストーリー完結と先月に新作PSO2:NGSの発表があり
サービス終了する訳じゃないのにサービス終了に近い気分を感じます^q^

EP5後期~EP6から進みかけたPSO2の問題解決が未完でアプデ終了しそうなのが心残りですが
何年も溜まりに溜まった問題をどうにかするよりも
PSO2:NGS開発にリソースを注いた方が良いのでしょう

去年から黒字にも関わらずPSO2開発にリソースが配分されず超界探索が不発も含めた結果
コンテンツ不足(俗にいう虚無問題)に陥ったのも頷けます


現時点で世間的にはPSO2:NGSが期待されているようです

個人的にそれは過大評価だと思っていて
始まって遊ぶとしても評価が固まるまではほどほどに留めようと思っています

思い出してみてください
そもそもPSO2が期待の新作だったじゃないですか
後の開始から現在に至るまではユーザーであればご存じのはずです
PSUの過ちを繰り返しているなんて言われて久しいですね

まあ100歩譲って旧作ユーザーの意見が取り入れられなくても良いのです
PSO2がPSOではないという事は開始時点で判明しているで元居たPSOに戻れば済む話

もう1つ問題なのはPSO2から始めたユーザーが楽しんでいた要素すら潰してしまった事です
防衛戦が盛んでアルチでレア掘ってマガツでキューブ集めしてた時期のゲーム性はまだ良かった
とは言え不遇な職など相変わらず問題が放置されたが後の散々な状態に比べれば遥かにマシです


「新たなる10年へ」で始まったPSO2がこの有様でしたから
PSO2:NGSも同じ過ちを繰り返さない保証が無い限りは心配であります

そう言えばPSO2:NGSのPVに立派な「PSO 20th ANNIVERSARY」ロゴが映し出されています
今年2020年はPSOが20周年!なので出来ればPSO2:NGSから上手く運営開発してほしい所です