2020年10月24日土曜日

モニタによりWin10設定のHzが一見変だが実は本来の値だ

Windows10 20H2から「設定」の「ディスプレイの詳細設定」で
リフレッシュレート(Hz)を設定出来るようになりました(今更w)

モニタによってはこうなります (今回はBenQ ZOWIE XL2546)

あれ変!?って思う人も居るかもしれませんが何も変わっていません
Windows10をアプデする前から元々この値だったのです
(小数点4桁目以降も続いていますがその辺の話は下記で紹介します)


Windows98から今までUIの変化がほぼ無かった従来の「アダプターのプロパティ」は

NVIDIAコントロールパネルの「解像度の変更」上は



となっているのですが
実は小数点を省略していて

「ディスプレイの詳細設定」が
小数点を含む本来の値なのです


ゲーム(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)のディスプレイ設定を見てみると

本来の値が表示されているのが分かります


これはテレビ規格NTSCの互換で1000/1001になっているようです
動画を扱った事がある人は29.97fpsや59.94fpsのような数字を目にした事があるかもしれません
30 ÷ 1.001 = 29.9700299700299700299700299700...
60 ÷ 1.001 = 59.9400599400599400599400599400...
120 ÷ 1.001 = 119.880119880119880119880119880...
144 ÷ 1.001 = 143.856143856143856143856143856...
240 ÷ 1.001 = 239.760239760239760239760239760...

今はテレビ視聴などの映像キャプチャをする用事が無いので
NVIDIAコントロールパネルの「カスタム解像度」でリフレッシュレートの小数点を整えます

「ディスプレイの詳細設定」の値が「カスタム解像度」で設定した通りになりました

ゲームのディスプレイ設定の値も同じく「カスタム解像度」で設定した通りになりました

2020年9月26日土曜日

PSO2報酬期間(2020/09/23~)で作った物

これまで貯めたメセタや素材を全放出^q^

クラースのリアは実装初週に作っちゃったので残りの2部位分! レシピ
なお最終的に8sにする移植パスが足りません/(^o^)\

侵食核付き絶対殺すソード!
レシピ


2020年8月30日日曜日

2020年8月現在のPSO2

前回記事:
2018年 1月 4月 9月 12月
2019年 1月 3月 4月 8月 9月 10月 11月

現(もうすぐ旧)PSO2のストーリー完結と先月に新作PSO2:NGSの発表があり
サービス終了する訳じゃないのにサービス終了に近い気分を感じます^q^

EP5後期~EP6から進みかけたPSO2の問題解決が未完でアプデ終了しそうなのが心残りですが
何年も溜まりに溜まった問題をどうにかするよりも
PSO2:NGS開発にリソースを注いた方が良いのでしょう

去年から黒字にも関わらずPSO2開発にリソースが配分されず超界探索が不発も含めた結果
コンテンツ不足(俗にいう虚無問題)に陥ったのも頷けます


現時点で世間的にはPSO2:NGSが期待されているようです

個人的にそれは過大評価だと思っていて
始まって遊ぶとしても評価が固まるまではほどほどに留めようと思っています

思い出してみてください
そもそもPSO2が期待の新作だったじゃないですか
後の開始から現在に至るまではユーザーであればご存じのはずです
PSUの過ちを繰り返しているなんて言われて久しいですね

まあ100歩譲って旧作ユーザーの意見が取り入れられなくても良いのです
PSO2がPSOではないという事は開始時点で判明しているで元居たPSOに戻れば済む話

もう1つ問題なのはPSO2から始めたユーザーが楽しんでいた要素すら潰してしまった事です
防衛戦が盛んでアルチでレア掘ってマガツでキューブ集めしてた時期のゲーム性はまだ良かった
とは言え不遇な職など相変わらず問題が放置されたが後の散々な状態に比べれば遥かにマシです


「新たなる10年へ」で始まったPSO2がこの有様でしたから
PSO2:NGSも同じ過ちを繰り返さない保証が無い限りは心配であります

そう言えばPSO2:NGSのPVに立派な「PSO 20th ANNIVERSARY」ロゴが映し出されています
今年2020年はPSOが20周年!なので出来ればPSO2:NGSから上手く運営開発してほしい所です

2020年6月26日金曜日

ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング "WDDM 2.7" 神アプデ

WindowsVista以降7,8,8.1,10含めこれまでWDDMは表示遅延の問題を抱え続けてきました
ついに解決に向けた大きな一歩を踏み出しました


これまでを簡単に振り返ってみましょう

2007年セカンド・オピニオン (231) OS小論:OSの構造をもう少し考えてみる(37) | マイナビニュース
(中略)ここまでの話はVistaに限らず、PCI系のAPIを使う全てのマシン
(敢えてPCとは呼ばない。Embedded系デバイスなども同じだからだ)
に共通の話だが、Vistaは更にこれを悪化させる。

それはWDDMに絡んだビデオメモリの仮想化だ
2009年PC Engine emulator Ootake Windows7/Vistaがゲーマーから避けられる要因
"Windows Vista"は、特にゲーマーからは避けられていたOSですが、
新しいOS"Windows 7"についても、このままでは同様の結果になってしまいそうです。
2012年Windows8以降まだ改善がある方でしたがそれでもXPDM並に近づく事は出来ませんでした




そして今回ついに!Windows10バージョン2004のWDDM2.7に
「Hardware-accelerated GPU scheduling」(略称HAGS)
日本語で「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」
という新機能が導入されました!



2020年GPU性能がアップするWindows 10の新機能が使えるGeForceドライバが公開 - PC Watch
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)では
「設定→グラフィックの設定」のページ内に「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」という機能が用意されており、
有効化することでビデオカードが自身のメモリを直接管理できるようになり
性能改善やレイテンシの削減が行なわれるとしている。
Hardware Accelerated GPU Scheduling | DirectX Developer Blog
Windows 10 hardware accelerated GPU scheduling explained
Microsoft explains Hardware Accelerated GPU Scheduling - Graphics - News - HEXUS.net

WDDMでビデオメモリを直接管理出来るようになった事により
Vista時代から残るWDDMの大きな問題の1つが解決に近づいたのです!👏

XPDMで出来た事とはいえ今回はWDDMの根幹に関わる改善です
🎉歓迎すべき良いニュースです🎉

Windows自体これまで何かと悪いニュース続きでしたが
解決への動きは評価しようと思った次第です

しかしVista発売から13年も経ち
そんなに待たされると人間が年取って反射神経が鈍ってしまいます^q^

2020年6月21日日曜日

自分用Win98SEインストールメモ

主にインストールする順番のメモ

P45+Core2+RAM512MB+GF6600GT128MB(PCIe)+SSD120GB(SATA)+CT4670

メインメモリが1GBだとクラッシュするので512MB以下にする
ビデオメモリが512MBだとクラッシュするので256MB以下にする
どちらも対策がこの世に存在するらしいけど難しそうなので無難路線^q^

BIOSの設定でSATAをIDE互換モードにしておく

64GB以上対応fdisk

Win98SEインストール

Windows Installer 2.0

更新プログラム

intelinf

SATA PATCH

BIOSの設定でSATAをAHCIモードにしておく

directx_9c_redist.exe

Tweaked Unofficial NVIDIA Display Driver 82.69

Shutdown Patcher → 再起動 → 色数16ビットに変更 → 再起動 →
色数32ビットと適切な解像度に変更 → 再起動 →
Windows保護エラーが出るが再起動後に設定したビットと解像度になる

その他ドライバ
sblw9xup.exe
realtek lan など