2018年5月27日日曜日

もうSkypeを使ってはいけない理由

最初の人気アプリ時代から、現在の衰退までの、経緯リンク集です。
上から順番に開いて読んでみると分かりやすいです。

かつて(Skype3以前)は人気が高く、市場独占状態でした。
当時私も好んで使っていました。

2003年 Kazaa創業メンバーがP2P技術によるIM電話「Skype」を発表 | Impress Watch
P2Pファイル共有ソフトKazaaで培った技術をさらに改良した、Skypeが誕生。

2005年 Skype活用事例「Skypeを内線代わりに活用」アトリス | ITmedia
業務連絡用に評価され始める。

2005年 これがTV電話機能Skypeだ! | livedoor NEWS
ビデオ通話に対応。

2006年 スカイプ内蔵の無線LAN携帯電話端末を発表 | Impress Watch
携帯端末でSkypeが動作するようになる。

2007年~2009年 動画サイトでもSkypeが話題に上がりました


Skype4以降からSkypeへの不信が積もります。
しかし替えになるアプリ探しが難しく、皆仕方なくSkypeを使い続ける事に。

2009年 Skype 4.0以降のオープンチャット機能廃止に反対します | 署名TV
「需要がない」と判断誤ったSkypeは、必要としてる利用者が居る機能を廃止してしまう。
廃止後もコマンド操作は可能でしたが、誰も得しない仕様変更でした。

2010年 Skypeから離れよぅ | 死者のページ
回線負荷等の重さが問題視される。

2010年 iPhone 版の Skype は常駐させてはならない | 登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記
同じく重さの話だが、こちらは携帯端末のバッテリーを無駄に消費する話。

2010年 4.2から4.1へバージョンダウンする方法 | たぶん退避部屋
4.2からメモリ使用量が倍になってしまった問題。

2011年 マイクロソフトがSkypeを買収へ | News Center
この時点で既にリスクを抱えたSkypeをMicrosoftが買収し、
後にWindowsLiveメッセンジャーを廃止してしまったからには驚きだ。
Googleはなぜ『Skype』を買収しなかったのか | WIRED.jp

たまに「SkypeはMicrosoftが買収してからダメになった」と言う人が居ますが、間違えです。
上記のように買収以前から問題を積み重ねている「Skype組織」自体がダメなのです。

ユーザーは長い間Skypeの身勝手に振り回されたのですが、
ついに替えになる便利なアプリが誕生。
2013年 Flickr創立者による新しいツール「Slack」は、オフィスでのコミュニケーションを変えるのか | ライフハッカー
2016年 ゲーマー集団はskypeをブン投げてdiscordへ移行しよう! | ukeru.jpのブロマガ
ようやく脱Skypeを果たします。 

2017年 なぜSkypeは衰退していったのか・・・ | iSchool
ユーザー減少が明らかなものに。

未だにSkypeは過去の行いについて言及していません。
多くのユーザーの信用は底に落ち、失った信用は二度と取り戻せないでしょう。

これだけ長い間、多くの問題が積み重なった結果、
SkypeはLINE同等に不信なアプリになったのです。
(なぜLINEが不信なのかについてはLINE (アプリケーション) | Wikipediaの「指摘される問題点と事件」を参照)

個人用にDiscord、業務用にSlack、がある便利な時代に、
わざわざSkypeを選ぶ理由があるのでしょうか?

だから、大事な注意喚起です、
間違えてもSkypeを使ってはいけない。

0 件のコメント:

コメントを投稿