2012年10月10日水曜日

Skypeで謎の不在着信が多数件

未実証

最近あったウイルスに影響が無かったPCでも発生する。

グループ(会議)チャット経由のコンタクトから着信が複数件来たことになる。
コンタクトを持ってる持ってない関係なし。
これに関して、相手のログには発信履歴は残っていない。

スーパーノードでも乗っ取られたか?まさか。

6 件のコメント:

  1. 事件は主に10月10~11日に皆さんおこっている模様、同じ人から何度も送られている。
    バグなのか、ウイルスなのかは不明。

    以上通りすがりでした

    返信削除
    返信
    1. 今日もこの現象に会った人が居た、不思議。

      削除
  2. おはようございます。スカイプ経由のマルウェアについてですが…。

    未だマルウェアの配布が続いているよう様子。昨日頃から配布サイトをHotfileからsendspaceに変更しているようです。

    http://blog.babibubebo.org/archives/547

    引き続き、皆様ご注意ください。

    余談

    今回の件を見ていまして…、カスペルスキーには2013年版でもセーフブラウザ・セーフデスクトップ機能は残してほしかったですね。もったいない・・・。

    返信削除
    返信
    1. そういえば!2013にしたら無くなってましたね・・・

      削除
  3. おはようございます、管理人さん。2013年度版では暗号化通信(https)に特化した専用ブラウザと化しているようですね。

    セーフ系の機能が欲しい方はsandboxieを使えば問題はないのですが…。

    今回のスカイプ経由のマルウェアの感染原因は出所不明のファイルをそのままDLして実行することに問題がありますから、せめて不明のファイルをどうしても実行したい方は仮想領域で実行して欲しいものです。

    今回の件の最大の問題はPCを扱う人間側のセキュリティホールと思いますので。

    返信削除
    返信
    1. カスペルスキー側もきっと
      セーフ機能は完璧ではないと判断したのでしょうかね。

      やっぱり実験用の仮想環境は便利です。

      >PCを扱う人間側のセキュリティホール
      本当にそうですよね・・・

      削除