2013年12月12日木曜日

Windows 8・8.1の表示遅延を 気休め程度に軽減させる

特にSkypeやブラウザ等様々なソフトを起動した状態で遊ぶ人には効果があるかも。

この記事で紹介する方法では大きな改善を期待出来ません。
フルスクリーン表示や、XP・2000の様な、
快適な表示レスポンスを得るのは不可能です。

(古いOSを勧める意味でなく、
そもそもWDDMドライバを取り巻く環境に原因が有るんじゃないかって意味)

使ってるPCに 他のWindowsを入れる知恵や、やる気が無い人向け
気休め程度にお試しあれ_(:3 」∠ )_

ここから説明:

DWMのコンポジション機能を通す際、
ゲーム等のウインドウ表示画面を映像出力するまでに遅延してしまうと言う 困る人は困る問題。

ならばDWMには優先的に動いてもらおうと言う話。

タスクマネージャーを開き、(簡易表示になってる場合は[詳細(D)]を押す)
[詳細]タブを開く、[dwm.exe]を右クリック、[優先度の設定(P)]内の[リアルタイム(R)]を選択。
['dwm.exe' の優先度を変更しますか?]の確認が出ますので、[優先度の変更]を押す。

ついでに遊んでいるゲームも[高(H)]程度に上げてみる。

おしまい。

関連:
[WDDM/DWM]表示遅延関連のリンク集[Windows Vista 7 8.x]

0 件のコメント:

コメントを投稿