2016年1月2日土曜日

「Windows 7 SP2 を望む声」と「Windows 10 へのアップグレード」

「Windows 7 SP2 を望む声」から感じるデザイン重要視

2009年秋のWindows7が発売した当初に「Vista SP3だ」なんて言われてた事を思い出すと、
最近の「Windows7後継Service Packを望む人が多く居る」は
「Vistaで追加された新機能がようやく多くの人に評価された」
と解釈出来るような・・・ではなく。

同系の機能を持ったWindows8やWindows10を
Windows7の後継として見れないと言う事は、
それだけ目の前のGUIが大事なのだろう。

XPサポート終了の頃に「サポート切れOSを使い続けると危険!」と大規模な広報があってから、
使い慣れたGUIと別れないといけない不満を爆発させた人が増えてしまったのであれば、
Windows10でいままでのGUIを使えるように設定出来ても良いんじゃないかなと思います。

互換性

互換性の問題で過去のWindowsが必要な場合は、XPか98でほとんど事足りますし、
なぜ中途半端にWindows7を使い続けるのだろう?と考えると、
使い慣れたGUI以外に思い当たるのは、

BF3

古い周辺機器が動くかどうかは、32ビット64ビット対応の壁があるから要確認だけど、
WindowsVistaや7で動いてたならWindows10でドライバのインストール位はさせてくれそうな感じ。
(QuickTimeの時みたいにインストーラーが悪さをしなければ)

Windows 10 へのアップグレード後の不安?

アップグレードに失敗した時や、アップグレード後に動作が悪くなった時の、
不安や面倒さは分からなくもない、けど。

「普通のPC環境」をWindows10にして不安定になったPCをまだ見ていないので、
なぜネット大衆があれだけ大騒ぎしてるのかが不可解。


んで「普通のPC環境」じゃないPCを1度Windows10にする機会があったんだけど、
アドウエアに感染しまくって色々崩れてそうな環境のWindows7だったのよね。
大して気にせず使い続けてたらしい。

早速Windows10のインストールすら始まらないから、
OS上でパーティションでも操作しようと思ったんだけど、diskpartすら効かず。
予想の斜め上を行った環境もあるんだなぁと思いつつ、
Windows7再インストールしてからWindows10をインストールしたら普通に進んだ。


たまに聞くWindows10にアップグレードしたらスタートボタンが効かなくなった話とかも、
一体どんな・・・って感じ。


要は、自分で解決しろとまでは言わないけど、自分のPCくらい綺麗に使ってあげようよって事。
不安定な環境を引き継いでWindows10にアップグレードして批判してるとか、完全にギャグ。


まあ今回の、無料でWindows10にアップグレード出来る件は流石にアピールし過ぎ。
OSを選ぶのは自由なんだから、みんな好きなOSを使っていけばいいと思うよ。

ただし自分で自分のPCを守れないくらい位なら、改修されてないOSはやめとけってだけ。

まとめ

Windows10にクラシックスタイルと LunaとRoyaleとAeroとModernを復活させようキャンペーン(長
Windows7のサポートが終了する2020年にどんな騒ぎが起きるか楽しみですね^q^

0 件のコメント:

コメントを投稿