2014年11月18日火曜日

PCゲーム(3D操作)用途にマウスの高DPI・CPIで思った事

マウスのDPI・CPI値を5000以上辺りにすると
引用: 4Gamer.net
"8000DPIとか10000DPIとかいったまったく意味のない高DPI"
の様な話になってしまうのは、現在のPCで扱うと
実質「画面上でポインタが移動する速度 = DPI・CPI値」となってしまっているのが原因だと思う。

例えばデジカメの光学ズームとデジタルズームは、
基本光学ズームを使い、限界以上にズームしたければデジタルズームを使うという段階がある。

しかしマウスのDPI・CPI値をPCで設定しようとすると、
マウスのDPIはハードウエアかドライバソフトで調整し、視点移動速度はゲームソフトで調整し、
OSのポインタ機能は[コントロールパネル]の[マウスのプロパティ]で調整する事になるので、
各機能を覚えたり、設定を変更するだけで手間がかかり、
決まった固定の値にしてしまった方が楽になる。

もしゲームソフト側でマウスのDPI値を
自動で確認調整できる機能がOSやドライバに存在するなら、
FPS等の3D視点時に、マウスを最大DPI値にし、視点移動は設定されたセンシ通りになり、
結果、視点移動の操作を詳細にするのが簡単になる。

マウスを買い替えても、設定済みセンシに自動調整されると言う事です。

それを実現するに共通規格を準備するのも大変でしょうから、
Microsoftちゃんがこの事に気づいてくれるとありがたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿