2013年8月31日土曜日

KeyboardDataQueueSizeを1にしてみる

PCゲームする時に入力レスポンス良くする為にPS/2キーボードを使う事は有名ですが、
接続されてるデバイスをレジストリで見てみると


HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet003\Enum\ACPI\PNP0303\(固有な値)\Device Parameters
(マザーボードによってはPNP0303じゃない場合もある、PNP0320など。)

USBの場合:
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
"MouseDataQueueSize"=dword:00000000
"KeyboardDataQueueSize"=dword:00000000

マウスも値指定出来るよ!

KeyboardDataQueueSizeがデフォルトで100バイトとなってます(10進数で見てね)。
低遅延目的ならキャッシュ必要なくね?という思いつきで、
1に指定して問題なく動作してますってお話。
反映は再起動後。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc976200.aspx
0は指定しても無意味らしい?

マウスも体感変わったと感じたよ。
(マウスキーボードでosu!遊んでる人です)

安定の為に200や300にすると良いという記事もありますが、
性能不足が原因で打った文字が反映されない時の対策に思えます。

ゲームする目的のPC性能では1でも大丈夫だと思う。

マネして何か問題起きても俺は保証出来ないよ!
レジストリ弄る時は自己責任って言う定番。

使ったPCはZ77 3770K GTX660

0 件のコメント:

コメントを投稿