2012年12月14日金曜日

(Logitech) ロジクール MX518 G400 G400s の比較

(Logitech) ロジクール MX518 G400 G400s の比較

  • MX518

2008年8月 Amazon.co.jp: Logicool MX-518
4Gamer.net ― 「MX518」レビュー
USB標準125Hz (マウスレート変更出来るソフト
"patch_vol_en.exe"とかで500Hz)
PS/2 200Hzまで対応
200DPI~1800DPI (ドライバソフトで50ごとの調整可能)
ボタンのスイッチが、後のG400と比べて
MX518の方が固い。


  • G400


2011年8月 Amazon.co.jp: Logicool G400
4Gamer.net ― 「G400」レビュー
USB 125・250・500・1000Hzまで対応
200DPI~3600DPI (ドライバソフトで50ごとの調整可能)
MX518と比べてケーブルが細くなった。
MX518のロゴは剥げ易いが、G400のロゴは
剥げにくくなった。(でも少しづつ剥げていく)

  • G400s


2013年4月 Amazon.co.jp: Logicool G400s
4Gamer.net ― 「G400s」「G500s」「G700s」レビュー
USB 125・250・500・1000Hzまで対応
200DPI~4000DPI (ドライバソフトで50ごとの調整可能)

G400sで持ち手部分のデザインと素材が変わった。



  • 同じソールを使える。

ark: Hyperglide Mouse Skates MX-5 (new MX-518)
ark: PerfectGlide HD for Logitech G5/G7/MX518(v2)-(1Set)
G400・G400sにも貼れたよ(゜∀゜)

  • 接続

MX518は、USBとPS/2接続対応
G400・G400sは、USB接続対応 (PS/2は接続しても反応なし)

~USB接続だと~
メリット:
超有名! 猿でも出来そうな簡単接続。

デメリット:
USBサウンドユニット(俗にインターフェースと呼ぶ人も居る)とか、
USBビデオキャプチャ等の通信量が多い機器を
同じUSBホストコントローラに接続してる場合や、

USBホストコントローラそのものが不安定な場合は、
入力が即時反映されない場合がある。
(そもそも、シビアな気にし方するゲームで遊ぶ人はそんな使い方しないだろうけど。)

~PS/2接続だと~
メリット:
CPUへの割り込み命令(IRQ)を使うのが強み、
Super I/Oチップを経由するにしても機構がシンプル。
ポートレート200Hzまでという仕様の制約があるにしても、
1Hz当りのレスポンスは相当の物。
これを理由にG400を無視してMX518を使い続ける人もたまーに居る。

デメリット:
そもそもPS/2接続に対応したマウスが絶滅危惧種

  • ドライバソフト 

MX518は発売当時SetPointでDPI感度等の設定を行った。

Logicoolゲームソフトウェア
G400・G400s等のドライバソフト。
MX518もUSB接続で対応した。




  • ~おまけ~

MX518 Windows8に刺した初回の認識画面


(゜∀゜)

2 件のコメント:

  1. ちょうどMX518から後継機種への乗り換え検討してたのでためになりました!

    返信削除
  2. 良かった⊂二(^ω^ )二二⊃

    返信削除